JBA

JBA

ニュース

RSS 一覧へ

第91回天皇杯・第82回皇后杯(オールジャパン2016) 5日目 男女準決勝、決勝カードは男子・アイシン三河 vs リンク栃木、女子・JX−ENEOS vs デンソーに決定

2016年1月9日

2年連続で決勝進出を決め、初優勝を目指すデンソーアイリス

アイシン三河#6比江島 慎選手は22点、敗れるもトヨタ東京#24田中 大貴選手は29得点を挙げ、見応えあるマッチアップ

 「東日本大震災復興支援 第91回天皇杯・第82回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会(以下、オールジャパン2016)」は5日目。4日間の充電を終えた男女各4チームによる日本一決定戦が本日より再開。第1試合から3階席を開放するほど多くの方にお越しいただき、準決勝4試合が行われました。

 女子準決勝、シャンソン化粧品 シャンソンVマジックは高さあるJX−ENEOSサンフラワーズに対抗するため、196cmの#1杉山 美由希選手を今大会先発として初起用。しかし、JX−ENEOS#21間宮 佑圭選手を止められず、シャンソン化粧品は第1ピリオドで犯した6回全てのファウルでフリースローを与えてしまいます。11本全てのフリースローを決めた#21間宮選手は、最初の10分間だけで15得点。第2ピリオドに20点を奪ったシャンソンでしたが、JX−ENEOSは27点で上回り、49-36とリードして前半を終えます。後半、ディフェンスよくさらに点差を離したJX−ENEOSが79-52で快勝し、9年連続で決勝進出を決めました。

 デンソー アイリスvs富士通 レッドウェーブ戦は、リーグ戦同様に拮抗した試合展開が続きます。#12赤穂 さくら選手が前半だけで14本を奪い、リバウンドで勝るデンソーが僅差ながら33-27とリードし前半終了。どちらも相手のディフェンスに苦しみ、42-36と6点差のまま最終ピリオドを迎えます。追いかける富士通でしたが残り7分に#15山本 千夏選手が3Pシュートを決めた以降、約5分間も得点が止まり、52-41と11点ビハインド。終盤に3連続シュートを決めて追い上げた富士通でしたが、54-51でデンソーが競り勝ち、2年連続で決勝進出。明日の女子決勝戦は、前回大会と同じカードとなり、3連覇を狙うJX−ENEOSと、3度目の正直で初優勝を目指すデンソーが日本一を懸けて争います。

■女子決勝 1月10日(日) 14:00~
JX-ENEOSサンフラワーズ vs デンソーアイリス
※NHK Eテレにて生中継

 昨年のファイナリストである日立サンロッカーズ東京と広島ドラゴンフライズが、いずれも敗れて迎えた男子準決勝。日本代表のエースとして覚醒したアイシンシーホース三河#6比江島 慎選手と、大学時代からライバルとして凌ぎを削り合ってきたトヨタ自動車アルバルク東京#24田中 大貴選手の攻防に目を奪われました。第1ピリオドを終えて9点リードしたアイシン三河でしたが、トヨタ東京が4点差まで詰めて40-44とし、勝負は後半へ。第3ピリオド中盤、#24田中選手の3Pシュートで51-50と逆転に成功。しかし、アイシン三河はファウルをもらった#6比江島選手のフリースローで再びリードし、僅差ながらもアイシン三河リードで時間が過ぎていきます。残り15秒、#24田中選手自身29得点目となる3Pシュートを決め、83-81と逆転し、勝利を呼び寄せます。残り時間少ない中、この舞台の勝ち方を知るベテラン#32桜木 ジェイアール選手が落ち着いてゴールを挙げ、83-83同点。逆転勝利を託された田中選手の3Pシュートは決まらず、今大会初となる5分間の延長戦へ突入。延長では、#32桜木選手の得点で先行し、30点を挙げた#14金丸 晃輔選手の5本目の3Pシュートなどでリードを奪ったアイシン三河が94-87で勝利し、3年ぶりに決勝進出を果たしました。

 初めての準決勝に臨んだリンク栃木ブレックスが、第1ピリオドで22-12と10点リードして始まったラストゲーム。その後もリンク栃木が序盤のリードを保ったまま試合は進んでいきますが、第3ピリオドのラストプレイ。東芝神奈川の#7篠山 竜青選手が3Pシュートを沈め、反撃開始。第4ピリオド、続けざまに#7篠山選手が得点を重ね、残り8分5秒、53-54とした東芝神奈川がリードを奪います。しかし、今大会好調のリンク栃木#32ライアン・ロシター選手がリバウンドと得点で奮起し、すぐさまリードを奪い返します。そのまま、リードを守り抜いたリンク栃木が69-62で勝利し、初の決勝進出を決め、5年ぶりに王座奪還を狙うアイシン三河と対戦します。

■男子決勝 1月11日(月・祝) 14:00~
アイシンシーホース三河 vs リンク栃木ブレックス
※NHK Eテレにて生中継

 オールジャパンも残り2試合となりました。決勝に残った両チームにご声援いただき、日本一が決まる瞬間をぜひ会場でご堪能ください。今大会のチケットはチケットバスケットをはじめ、各プレイガイドやコンビニストアなどで発売中です。チケット販売概要(会場見取図・券種/料金・販売方法)の詳細については、チケットページにてご確認ください。また、決勝戦はNHK Eテレにて生中継され、PCやスマホにて応援.COMでもライブ配信をご覧いただけます。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>