JBA

JBA

現地レポート

エピローグのない物語 RSS

2016年1月12日 19時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年元日に開幕した「東日本大震災復興支援 第91回天皇杯・第82回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会(以下、オールジャパン2016)」も、昨日の男子決勝戦をもって幕を閉じた。

5年ぶり9回目の天皇杯を下賜されたアイシンシーホース三河

5年ぶり9回目の天皇杯を下賜されたアイシンシーホース三河

5年ぶりに天皇杯の頂点に立ったアイシンシーホース三河は選手全員が赤色のシューズを履いていた。それを提案した㉜桜木 ジェイアール選手は「昨年のリベンジ――赤色をチームカラーとした千葉ジェッツに初戦で敗れている――の意味が込められている」と記者会見で語ってくれた。⑭金丸 晃輔選手がすぐに「いや、赤はジェイアールが好きな色だからだ」と笑いを取ったが、それでも「全員で統一した意識を持つことができた」と、その提案を受け入れたことも明かしてくれた。
鈴木 貴美一ヘッドコーチが同チームを率いてから初めてとなるオールジャパン初戦敗退は、スタイルの見直しや結束力をこれまで以上に高めたチームを作りだしたと言える。

3年連続20回目の皇后杯を下賜されたJX-ENEOSサンフラワーズ

3年連続20回目の皇后杯を下賜されたJX-ENEOSサンフラワーズ

3連覇をJX-ENEOSサンフラワーズの㉑間宮 佑圭選手が言う。
「『またJX-ENEOSか……』と思われる方もいるかもしれません。でも私たちはそういったプレッシャーを背負いながら、優勝を目指して厳しい練習をしてきました。その努力の結果が優勝という形で表すことができて安心しています。今大会はチームの強さを前面に出せた、納得のいく大会でした」
勝っても負けても、結果だけでは語れないチームの物語が、それぞれにある。

敗れた者たちは皆どこかに悔しい思いを抱えて、大会会場を去っていく。もしかすると優勝したチームの中にも、自分の力を発揮できなかった、今年もメインコートに立てなかったなど、どこかでそれに似た思いを抱えている選手だっているかもしれない。でもそうした悔しい思いがまた、次の章へと続く重要な伏線となる。

オリンピックイヤーの2016年、女子日本代表チームはリオデジャネイロオリンピックで世界に挑む

オリンピックイヤーの2016年、女子日本代表チームはリオデジャネイロオリンピックで世界に挑む

勝負の世界、誰もが目指すのは勝利だろう。しかし一方で敗者が生まれるのもスポーツの常である。
ウルグアイの前大統領、ホセ・ムヒカがこんなことを言っている。
「敗北者とは闘いを辞めた人のこと。人間は強い生き物であり、多くのことを乗り越えられます。悪いことは良いことを運んでくれるのです」(『世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉』佐藤美由紀著 双葉社)
スポーツの負けが悪であるかどうかは別にして、選手が強い生き物であり、戦いをやめなければ、その負けを乗り越えて、次の勝利に結びつけることは、間違いなくできる。

オールジャパン2016で敗れたチームの選手たちは、話しを聞いた誰もが「悔しい」と口にしていた。それが大学生であれ、普段は母親として家事・育児と仕事、そしてバスケットの3つをバランスよく頑張っている人も。もちろんトップリーグの選手も、だ。

男子日本代表チームはFIBAオリンピック世界最終予選へ

男子日本代表チームはFIBAオリンピック世界最終予選へ

「悔しさ」は次の目標への原動力となる。しかしその原動力に瞬発力があっても、継続する力がなければ目標に到達はできない。

オールジャパンだけを見れば、次回大会まで既に1年を切っている。その間に各カテゴリーの大会、トップリーグのプレーオフ、そして今年はリオデジャネイロオリンピックもある。昨年、出場権を勝ち取った女子日本代表チームはリオのコートで、FIBAオリンピック世界最終予選で出場権獲得を目指す男子日本代表チームは世界のコートで力を存分に発揮し、新しい自分を発見することで、それが次の目標達成の一里塚となる。

オールジャパン2016は結びの場面を迎えたが、選手、コーチ、スタッフ、そしてバスケットファンたちがそれぞれに紡ぐバスケットの物語にエピローグはない――。

[ 記事URL ]