JBA

JBA

現地レポート

タツノオトシゴの執念 RSS

2016年1月9日 20時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲーム終盤に追いつかれて延長戦に入ることほど嫌なことはない。そんな嫌な空気を“チームの成長”が勝利に変えた。

「第91回天皇杯・第82回皇后杯(以下、オールジャパン2016)」は5日目。男子準決勝、トヨタ自動車アルバルク東京とアイシンシーホース三河の一戦は、トヨタ東京が終了間際に追いついて延長戦にもつれこんだ。このまま勢いに乗ったトヨタ東京が優位に立つかと思われたが、延長戦の5分を制したのはアイシン三河。94-87で勝利し、3年ぶり12回目の決勝進出を果たした。

チームの勝利に貢献したアイシンシーホース三河③柏木 真介選手

チームの勝利に貢献したアイシンシーホース三河③柏木 真介選手

「ディフェンスとリバウンドで我慢すること。オフェンスではタフショット(難しいシュート)を打たず、相手のチームファウルをうまく突けたことが勝因だと思います」

アイシン三河のベテランガード、③柏木 真介選手は延長戦での勝利をそう振り返る。昨年7月下旬に左ヒザの手術を行い、当初は走ることも、踏ん張ることもできなかったという。ダッシュとストップを繰り返すバスケットでは致命的なケガと言っていい。それでも今大会にあわせて調整してきたヒザの状態は、「走ることもできたし、踏ん張ることもできた。この『踏ん張ることができる』ってことだけでもプレイの幅は広がります。やっと体が追いついてきた感じですね」と言う。

彼のカムバックは大きい。チームにとってももちろんだが、熱いハートとハッスルプレイでチームを引っ張るポイントガード⓪橋本 竜馬にとっても大きい。

「僕が柏木さんのことを評価するのもおこがましいですけど、それでも彼が帰ってきてくれたことは心強いです。思い切りプレイできますから」

ファウルアウトした⓪橋本 竜馬選手(右)が、柏木選手に後を託す

ファウルアウトした⓪橋本 竜馬選手(右)。柏木選手に後を託す

橋本選手はこの試合でファウルアウトをしてしまったが、しかしそれは決して熱さゆえの空回りではない。

「(鈴木 貴美一)ヘッドコーチからも『相手にイージーなシュートを打たれるくらいならファウルをしてでも止めろ』と言われています。もちろんファウルをしないようにしなければいけないわけですけど、それでも柏木さんがいるから思い切った判断ができます。⑬菊地(祥平)選手へのファウルも、③(ジェフ・)ギブス選手へのファウルも、そういう意味では後悔はありません」

柏木選手自身は「こんな場面(第4ピリオド 残り1分14秒)でファウルアウトするなよ」と思ったそうだが、それでも走れるヒザ、踏ん張れるヒザがあればチームに貢献ができると自らを信じた。

加えてチームの成長こそが今日の勝利につながったと、柏木選手は言う。

試合中にプレイの確認をする⑭金丸 晃輔選手(左)と比江島 慎選手

試合中にプレイの確認をする⑭金丸 晃輔選手(左)と比江島慎選手

「これまでの負けの経験があるからでしょう。追いつかれても若い連中がハッスルしてプレイできていました。⑭金丸(晃輔)も⑥比江島(慎)も、もちろん竜馬も、みんなでチームとしてどうしなければいけないかを、コートの上で声をかけられるようになっています。それは彼らの自覚だと思うし、それがチームの成長だと感じますよね」

昨年のオールジャパンでは、初戦で敗れるという憂き目を見ているアイシン三河。その悔しさを糧にチームは成長を遂げてきた。柏木選手が決勝戦に向けて語る。

「久々の決勝戦ですが、挑戦者として40分間戦い抜きますよ」

ベテランが復帰し、若手が自覚を持ち始めた挑戦者の執念は、4年間閉ざされていた固い扉をこじ開けることができるのか。男子決勝戦が楽しみである。

トヨタ自動車アルバルク東京も㉔田中 大貴選手の3Pシュートで追いついたが、あと一歩及ばず

トヨタ自動車アルバルク東京も㉔田中 大貴選手の3Pシュートで追いついたが、あと一歩及ばず

[ 記事URL ]