JBA

JBA



試合日程・結果

男1九州電力 vs パスラボ山形ワイヴァンズ

試合データ

開催場所 大田区総合体育館OB コミッショナー
試合区分 男1 主審 野口 浩正
開催期日 2016年01月01日 副審 谷古宇 孝
開始時間/終了時間 13:01 / 14:22

ゲームレポート

九州電力
71 14 1st 11 81 パスラボ山形ワイヴァンズ
20 2nd 24
19 3rd 24
18 4th 22

4年連続出場の社会人1位・九州電力と、今期NBDL2位でオールジャパン初出場を果たしたパスラボ山形ワイヴァンズの対戦。試合の流れが目まぐるしく切り替わる展開となり、後半に入ると、一時は九州電力がリードを広げる。しかしパスラボ山形は#3ナイトが大量得点を挙げ、逆転に成功。すると、そのままパスラボ山形が相手に流れを渡さず、リードを保って試合終了。81-71、パスラボ山形がNBDL代表の意地を見せ、2回戦に駒を進めた。

第1ピリオド、九州電力ボールでゲームスタート。両チームともアウトサイドからのシュートが決まらず、得点が伸びない。だがパスラボ山形は#3ナイトを起点に攻め、フリースローで加点していく。シュートが決まらず得点が動かない九州電力だったが、速い展開に持ち込むと、#12織田と#91酒井が得点を重ね、残り3分30秒に10-9と逆転に成功。さらに#22伊集のドライブなどで加点した九州電力が、14-10とリードして第1ピリオド終了。

第2ピリオド、パスラボ山形は第1ピリオドのお返しとばかりにファストブレイクから得点を挙げ、残り6分19秒で21-16とリードする。ここでタイムアウトを請求した九州電力は、#91酒井のゴール下や#22伊集の3Pシュートなどで連続7得点を挙げ、23-21と再逆転に成功。今度はパスラボ山形がタイムアウトを取ると、その後はリードチェンジを繰り返す一進一退の攻防が続く。3Pシュートで得点を重ねる九州電力に対し、パスラボ山形は#3ナイトが孤軍奮闘。前半最後の攻撃を山形#3ナイトがブザービーターで沈めて逆転し、34-35で試合を折り返す。

第3ピリオド、九州電力は#40赤星、#12織田、#35熊谷が立て続けに3Pシュートを沈め、残り5分36秒で47-39とリードを広げる。しかし、ここからパスラボ山形が反撃を開始。パスラボ山形#3ナイトが3Pシュート、リバウンドシュートと獅子奮迅の活躍で一気に逆転しリードを広げる。終了間際にも3Pシュートをブザービーターで沈めた#3ナイトはこのピリオドだけで16得点。53-59と、パスラボ山形がリードして最終ピリオドへ。

第4ピリオド、追いつきたい九州電力は3Pシュートを放ち続けるが、思うように決まらずリードを広げられていく。パスラボ山形は#3ナイトがディフェンスを引きつけながら他のメンバーの得点を演出し、タイムアップ。81-71、初出場のパスラボ山形が勝利を挙げ、2回戦進出を決めた。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>