JBA

JBA



試合日程・結果

男1国士舘大学 vs RINTATSU SERPENTERS

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第二体育館Y2 コミッショナー
試合区分 男1 主審 伊橋 隆浩
開催期日 2016年01月01日 副審 嶋崎 貴
開始時間/終了時間 14:41 / 16:06

ゲームレポート

国士舘大学
96 24 1st 12 83 RINTATSU SERPENTERS
22 2nd 24
26 3rd 19
24 4th 28

大学8位の国士舘大学と初出場、東海代表のRINTATSU SERPENTERSの一戦。開始からRINTATSUが思い切りよくシュートを打ち、得点を重ねる。一方、国士舘大は#32臼井のインサイド、#15下のアウトサイドなどで得点し、リードを奪う。中盤、国士舘大は#88板垣のポストプレイから流れを掴みリードを広げていく。しかし、RINTATSUも#19中野の3Pシュートなどで食らいつき、第4ピリオド残り4分には80-74にまで迫る。しかし、国士舘大は#22原の3Pシュートなどで再び突き放し、勝負あり。96-83でRINTATSUを下し、2回戦進出を決めた。

第1ピリオド、RINTATSUは#24田口のミドルシュートなどで得点。国士舘大は序盤こそシュートが決まらずやや重い立ち上がり。しかし、#32臼井らがリバウンドを確実に取り始めると、徐々にチームとしてのリズムを取り戻し、#15下、#22原らがアウトサイドから得点。リードを奪う。RINTATSUは積極的にゴールに向かうが、ディフェンスを崩せず、得点が止まる。国士舘大は#15下が好調で、このピリオドだけで12得点。第1ピリオドを24-12として終える。

第2ピリオド、RINTATSUは#31水谷がミドルシュートを決め、先手を取ると、#19中野、#32松元が連続で得点し、点差を詰める。国士舘大はアウトサイドシュートが決まらず、得点が止まり、開始3分、30-25となる。RINTATSUはその後も、#19中野、#24田口らが高確率で3Pシュートを沈め、残り3分、35-33と2点差にまで迫る。国士舘大はここから途中出場の#88板垣を起点に、1対1やインサイドの合わせなどで得点し、息を吹き返す。RINTATSUも#19中野が3Pシュートを決め食らいつき、46-36の10点差で前半を終える。

第3ピリオド、国士舘大は出だしから#22原、#15下のアウトサイドシュートなどで連続得点。RINTATSUは国士舘大の高さに苦しいシュートが増え、開始3分、57-39と一気に点差が開く。付いていきたいRINTATSUはゾーンディフェンスを仕掛けると、国士舘大は攻めあぐねる。その隙に、RINTATSUは#55三島、#32松元が得点し、残り5分29秒、59-46とする。国士舘大は徐々に相手ディフェンスに対応し、#32臼井、#66馬がインサイドで得点。さらに#15下の3Pシュートも決まり再びリードを広げる。RINTATSUはこれまで決まっていたアウトサイドシュートが落ち始め、苦しい展開。72-55と国士舘大が点差を広げ第3ピリオド終了。

第4ピリオド、必死に食い下がるRINTATSUは#3石附の3Pシュート、#19中野の速攻などで徐々に点差を詰める。国士舘大はゾーンディフェンスを攻めあぐね苦しいシュートを打たされ、得点が止まる。RINTATSUは流れを掴むと#19中野らが得点を重ね、残り4分、80-74と6点差にまで迫る。しかし、ここで国士舘大は#22原が連続で3Pシュートを決め、残り2分36秒、86-76と再びリードを広げる。最後まであきらめないRINTATSUは#19中野が3Pシュート決め粘りを見せるが及ばず。国士舘大が96-83で勝利し、2回戦進出を決めた。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>