JBA

JBA



試合日程・結果

男1札幌大学 vs 東京エクセレンス

試合データ

開催場所 大田区総合体育館OB コミッショナー
試合区分 男1 主審 稲葉 威
開催期日 2016年01月01日 副審 三好 啓太
開始時間/終了時間 18:02 / 19:28

ゲームレポート

札幌大学
65 15 1st 24 88 東京エクセレンス
14 2nd 18
13 3rd 23
23 4th 23

北海道代表の札幌大学とNBDL4位の東京エクセレンスの対戦。序盤から高さとバランスの良い攻撃で得点を重ねていく東京EXに対し、外国人選手の高さと激しいディフェンスに苦しんだ札幌大はシュートが決まらず、得点が伸びていかない。ゾーンディフェンスに活路を見出したかった札幌大だが、東京EXの勢いを止められず点差を広げられていく。東京EXがプロチームとしての強さを見せつけ、88-65で勝利し2回戦に駒を進めた。

第1ピリオド、東京EXボールでゲームスタート。両チームともマンツーマンディフェンスを敷く中で、東京EXは213cmの#10シングのゴール下と#18飛田のアウトサイドシュート、#22樋口のランニングプレイで着実に加点し、残り4分26秒で4-15とリードする。札幌大はタイムアウトを取ると、ディフェンスを2-3ゾーンに変更。前線からプレスディフェンスを仕掛けると、ディフェンスからの速い展開の中で#21田原がスティールからドリブルで持ち込みバスケットカウント、さらに#18池田が3Pシュートチームを勢いづける。しかし、東京EXの高さと的を絞らせない攻撃を止められず、15-24と東京EXリードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、札幌大は第1ピリオドに続けて激しいディフェンスのプレッシャーをかけ、東京EXに簡単な得点を許さないが、自分たちも良い形でシュートが打てず、得点が伸びない。東京EXは#10シングにボールを集め、ゴール下のシュートやフリースローで得点を重ねていく。札幌大は#17山戸がリバウンドショットや終了間際のジャンプショットなどで気を吐くものの、29-42と点差を縮められないまま試合を折り返す。

第3ピリオド、互いにアウトサイドのシュートが決まらないが、東京EXは#4シングがダンクシュートを含む連続6得点を挙げ、さらにリードを広げる。札幌大は残り6分18秒に山戸がジャンプシュートを決めてようやくスコアを動かすと、#13白川、#10花井がそれに続いて3Pシュートを沈める。それでも東京EXはすぐさま#10シング、#31石田が決め返し、試合の主導権を渡さない。41-65と東京EXが大きくリードを広げて最終ピリオドへ。

第4ピリオド、東京EXはベンチメンバーを出しながらも、攻守にスキのないプレイを続け、リードを広げていく。札幌大はコート上の選手、ベンチ、コーチが声をかけ合いながら最後まで戦ったが、大きく開いた点差を縮めるには至らず。最終的に62-88で東京EXが勝利した。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>