JBA

JBA



試合日程・結果

男2三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋 vs 明治大学

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第一体育館Y1 コミッショナー
試合区分 男2 主審 片寄 達
開催期日 2016年01月02日 副審 堀内 純
開始時間/終了時間 13:01 / 14:28

ゲームレポート

三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋
101 30 1st 20 64 明治大学
28 2nd 12
28 3rd 13
15 4th 19

NBL9位の三菱ダイアモンドドルフィンズと大学6位の明治大学の対決。明治大は、前半、アウトサイドシュートが功を奏し格上の相手に善戦する。しかし、徐々にシュートがゴールに嫌われ失速。対する三菱は体格の差を活かして相手を翻弄し着実にリードを広げる。後半、明治大は、インサイドに果敢に攻め込み、タイトなディフェンスで積極的な挑戦の構えをみせる。しかし、三菱は、高確率なシュートや堅実なドライブで終始リードを奪う。最終ピリオドで、明治大が点差を詰め意地を見せるも、圧倒的な強さを見せつけた三菱が3回戦へと駒を進めた。

第1ピリオド、開始直後、#21笹山から#24ジャスティンがアリウープを決め相手を威圧するが、対する明治大は#50伊澤のシュートで応戦。前半、明治大は#5あい田や#2齋藤のアウトサイドシュートで食らいつくが、後半にはいるとシュートが入らず失速。対する三菱は相手のファウルトラブルや#11鵜沢が果敢に攻め込み流れを引き寄せる。その後、明治大は、リバウンドで粘るも決めきれず、最後は三菱#3渡邊がブザービートを決め、30-20の三菱が10点のリード。

第2ピリオド、序盤、三菱は内外バランスよい攻撃で得点を伸ばすが、対する明治大は#28今川のドライブ一本と伸び悩む。それでも、明治大は#50伊澤のミドルシュートを皮切りに#22宮本のバスケットカウント#2齋藤のスティールからのシュートと7連続得点し三菱に詰め寄る。しかし、三菱は高さやフィジカルの強さを存分に利用し#18中東、#24ジャスティンを中心に着実に得点し相手を突き放す。結局、58-32で流れに乗る三菱が26点の大量リードを奪い前半を折り返す。

第3ピリオド、前半、明治大#50伊澤を軸に攻撃を展開するが得点が決まらず我慢の展開。対する#18中東が内外両方で活躍をみせ更にリードを広げる。後半、明治大#24森山と#32吉川のバスケットカウントが続き粘りを見せるが、三菱は#3渡邊を中心にインサイドのカットインで相手を寄せ付けない。明治大は、積極的なディフェンスやリバウンドでチャンスをつくるも三菱の攻守に阻まれ86-45と三菱が更にリードを広げ最終ピリオドへ。

第4ピリオド、開始早々に、三菱は、#7五十嵐がドライブを決め磐石の構えをみせる。対する明治大もタイトなディフェンスと外角からのシュートで食らいつく。中盤、三菱はミドルレンジからの高確率なシュートで得点を重ねるが、ここで明治大は、#2齋藤のドライブ、#50伊澤のバスケットカウント、終了間際の#17黒田のカットインとインサイドでも奮闘する。明治大が点差を詰めるも開いた差は埋まらず101-64で、三菱が勝利を掴んだ。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>