JBA

JBA



試合日程・結果

男2黒田電気 vs パスラボ山形ワイヴァンズ

試合データ

開催場所 大田区総合体育館O コミッショナー
試合区分 男2 主審 山内 俊幸
開催期日 2016年01月02日 副審 北沢 岳夫
開始時間/終了時間 13:00 / 14:23

ゲームレポート

黒田電気
75 21 1st 21 85 パスラボ山形ワイヴァンズ
19 2nd 20
12 3rd 21
23 4th 23

社会人2位の黒田電気とNBDL2位のパスラボ山形ワイヴァンズの男子2回戦。ともに少数精鋭のメンバー構成で、1回戦では接戦を制して勝ち上がってきた同士。中盤まで互角の展開を繰り広げた両チームだったが、黒田電気がリズムを崩した隙を逃さなかったパスラボ山形が一気にリードを広げ、その差を守り抜いて85-75で勝利し、3回戦進出を果たした。

第1ピリオド、黒田電気ボールでゲームスタート。パスラボ山形は#3ナイトのジャンプショットで先制すると、速い展開から#1村上、#3ナイトがシュートを決めて、6-0とリード。黒田電気はアウトサイドのシュートがなかなか決まらないものの、#20長南の3Pシュート、#9小野寺のインサイドの得点などで粘りを見せる。#14高橋の3Pシュートやフリースローで得点するパスラボ山形に対し、黒田電気は#7吉留のシュートが当たりだすと、#0田野の3Pシュートで、残り43秒、18?18の同点に追いつく。すぐさまパスラボ山形#1村上が3Pシュートを決め返すも、次のオフェンスで黒田電気の#0田野が再度3Pシュートを沈め、21-21の同点で第1ピリオド終了。

第2ピリオド、パスラボ山形は#1村上がドライブからシュートを決めるが、黒田電気は#20長南が3Pシュートを沈めて、24-23と逆転に成功。その後はリードチェンジを繰り返す一進一退の攻防となる。パスラボ山形は残り4分18秒でタイムアウトを取ると、#14高橋のゴール下、#3ナイトの連続得点で32-38と点差を引き離しにかかる。しかし黒田電気も#9小野寺が果敢に攻め込みシュートをねじ込むと、#0田野が3Pシュートで追撃。お返しとばかりにパスラボ山形は#7佐々木が3Pシュートを決め返すと、黒田電気も#9小野寺が再度3Pシュートを決め返し、41-40とパスラボ山形が1点リードで後半へ。

第3ピリオド、パスラボ山形は#1村上がドライブで攻め込みシュートを決めるが、直後に黒田電気#20長南がフリースロー3ショットを獲得すると、それを全て決めて43-43の同点に。その後は逆転こそできないものの、何度も同点に追いつき必死に食らいつく。黒田電気はパスラボ山形のエース#3ナイトから立て続けにターンオーバーを誘い勢いづくが、ここでミスを連発してしまい、掴みかけた流れを手放してしまう。タイムアウトを取り、気持ちを切り替えたかった黒田電気だったが、その後はピリオド終了まで得点することができないまま、パスラボ山形にフリースローなどで得点を与えてしまう。62-52、パスラボ山形が10点差にして最終ピリオドへ。

第4ピリオド、リードを奪ったパスラボ山形はこれまで以上に動きが良くなり、コンビネーションから#1村上、#3ナイトらが得点を挙げていく。後がない黒田電気は、#5滝本と#0田野の3Pシュートで追撃を図るものの、パスラボ山形の攻撃を止められずに点差を縮められない。最後までリードを守り切ったパスラボ山形が85-75で勝利した。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>