JBA

JBA



試合日程・結果

男3三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋 vs 熊本ヴォルターズ

試合データ

開催場所 大田区総合体育館O コミッショナー
試合区分 男3 主審 安西 郷史
開催期日 2016年01月03日 副審 増渕 泰久、加藤 誉樹
開始時間/終了時間 12:01 / 13:38

ゲームレポート

三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋
88 15 1st 18 64 熊本ヴォルターズ
28 2nd 10
23 3rd 19
22 4th 17

NBL9位の三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋とNBL8位の熊本ヴォルターズの男子3回戦。両チーム点を取り合い拮抗したスタートを見せるも、第2ピリオドから流れは三菱電機名古屋へと傾く。三菱電機名古屋は好守で相手の得点を抑えると、速い展開から#7五十嵐、#21笹山らが得点、15点のリードで前半を折り返す。後半に入っても三菱電機名古屋の優勢は変わらず。熊本は#33比留木の得点で加点するが、三菱電機名古屋も#24バーレル、#21笹山が活躍し譲らない。88-64と三菱電機名古屋が終始安定した試合運びを見せて勝利し、準々決勝へと駒を進めた。

第1ピリオド、熊本は#2高島の3Pシュートや#5クロフォードのリバウンドシュートなどで加点するのに対し、三菱電機名古屋は#24バーレルの得点で対抗し、一進一退の展開となる。しかし中盤、三菱電機名古屋のシュートが決まらない間に、熊本は#5クロフォードの内外問わぬ攻撃で連続得点を挙げ、残り3分16秒で16-9と僅かにリードを得る。終盤、三菱電機名古屋は#24バーレルがインサイドで奮闘し、僅かにビハインドを詰める。18-15、熊本リードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、三菱電機名古屋は#11鵜澤が連続でジャンパーを沈め逆転。熊本はすぐさま#13松崎が決め返すが、三菱電機名古屋は#24バーレルが積極的に1on1を仕掛けてファウルを誘発、フリースローでの得点でリードを奪取する。その後、三菱電機名古屋の堅守が光り、熊本のスコアは停滞。さらに三菱電機名古屋は、#7五十嵐の速攻や#21笹山の3Pシュートなどで連続得点を挙げ、リードを広げる。43-28、三菱電機名古屋リードで第2ピリオド終了。

第3ピリオド、序盤から両チーム一歩も譲らず得点を取り合い、点差は大きく変わらず試合は進む。中盤、熊本は#6ワシントンのインサイド、#33比留木のアウトサイドで連続得点を挙げ、一時ビハインドを11まで詰める。その後、熊本は#30古野の3Pシュートなどで加点はするが、三菱電機名古屋も#21笹山らが決め返し、三菱電機名古屋が二桁のリードを保つ。終盤、三菱電機名古屋はテンポの良いパス回しから#1熊谷、#21笹山が連続で3Pシュートを沈めリードを広げる。66-47、三菱電機名古屋リードで第3ピリオド終了。

第4ピリオド、三菱電機名古屋は#24バーレルのゴール下や#7五十嵐の速攻などで着実にスコアを伸ばす。対する熊本はシュートが単発に終わり、なかなかスコアを伸ばせない展開が続く。中盤、熊本は#33比留木の連続得点に、#5クロフォードのダンクシュートと続きビハインドを埋める。しかし終盤、三菱電機名古屋はコンスタントに得点を重ね、熊本を寄せつけず、試合終了。88-64、三菱電機名古屋が快勝した。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>