JBA

JBA



試合日程・結果

男3豊田通商ファイティングイーグルス名古屋 vs リンク栃木ブレックス

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第一体育館Y1 コミッショナー
試合区分 男3 主審 久米 克弥
開催期日 2016年01月03日 副審 伊藤 亮介、有澤 重行
開始時間/終了時間 18:01 / 19:36

ゲームレポート

豊田通商ファイティングイーグルス名古屋
68 19 1st 25 91 リンク栃木ブレックス
15 2nd 22
18 3rd 26
16 4th 18

NBL2位リンク栃木ブレックスとNBDL1位豊田通商ファイティングイーグルス名古屋の3回戦。序盤こそ一進一退となるも、第2ピリオドから一転。リンク栃木が堅いディフェンスから得点を積み上げ、前半終了時点で13点のリードを奪う。後半、追い上げたい豊通名古屋は、インサイドを攻め立て僅かにビハインドを縮めるも、地力に勝るリンク栃木が攻守に渡り圧倒。68-91とリンク栃木が勝利しベスト8進出を決めた。

第1ピリオド、序盤から、リンク栃木は#27熊谷のジャンパーやダンクシュートで連取し一歩リードを奪うが、豊通名古屋は#6大塚を起点に#21ソロモンのインサイドで加点し、試合は均衡状態となる。終了間際、リンク栃木は#6小林がフリースローで加点すると19-25、リンク栃木が6点リードし第1ピリオド終了。

第2ピリオド、リンク栃木は激しいプレスディフェンスで相手のターンオーバーを誘発し、開始3分で連続9得点し、19-34と一気にリードを15点とする。対する豊通名古屋は、#3金子と#16坂本の連続3Pシュートで追い上げるが、終盤、リンク栃木は#9遠藤が連取し34-47、リードを13とし前半を折り返す。

第3ピリオド、序盤、リンク栃木は的を絞らせない攻撃で得点を連取しリードを19とする。追いかける豊通名古屋は#21ソロモンが徹底的にインサイドを攻め、ビハインドを13まで縮める。しかし終盤、リンク栃木は#17安藤、#8山田の連取に加え、終了間際には#32ライアンのバスケットカウントで52-73、リンク栃木がリードを21点まで広げて最終ピリオドへ。

第4ピリオド、一矢報いたい豊通名古屋は#39中園らが連続得点を挙げ、14点までビハインドを縮める。しかし終盤、リンク栃木は#17安藤がダメ押しの3Pシュートを沈め、勝負を決めると91-68。リンク栃木が勝利した。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>