JBA

JBA



試合日程・結果

男準々決勝アイシンシーホース三河 vs 日立サンロッカーズ東京

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第一体育館Y1 コミッショナー 平野 彰夫
試合区分 男準々決勝 主審 平原 勇次
開催期日 2016年01月04日 副審 佐藤 誠、緒方 崇
開始時間/終了時間 14:01 / 15:27

ゲームレポート

アイシンシーホース三河
81 21 1st 18 64 日立サンロッカーズ東京
15 2nd 24
21 3rd 11
24 4th 11

NBL5位アイシンシーホース三河とNBL4位日立サンロッカーズ東京の準々決勝。序盤から両チーム一歩も譲らぬ得点の取り合いを演じ、終盤まで逆転に次ぐ逆転のシーソーゲームとなる。アイシン三河の4点リードで迎えた最終ピリオド、日立はアイシン三河のディフェンスに対し、攻めあぐね得点が伸び悩む。その間にアイシン三河は、内外バランスよく攻め立て二桁のリードを得ると、そのまま逃げ切り試合終了。81-64、アイシン三河が接戦を制し、ベスト4を決めた。

第1ピリオド、アイシン三河は#14金丸のジャンパー、日立は#42ジョシュの外角のシュートで加点し拮抗した展開。中盤、アイシン三河は3Pシュートを連続で沈め、僅かに抜け出すが、対する日立は、セカンドチャンスを得点につなげ、さらに#15竹内の3Pシュートで逆転。その後は一進一退の展開が続く。終盤、アイシン三河は#6比江島の活躍で僅かにリードを得る。21-18とアイシン三河リードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、アイシン三河は#32桜木や#6比江島が得点しリードを保つ。対する日立は、#10アキの3Pシュートや#24広瀬のドライブなどで食らいつく。点差は大きく変わらず迎えた終盤、日立は#15竹内が速攻やインサイドで連続得点を挙げ、#42ジョシュのダンクシュートなどでリードを広げる。42-36と日立リードで第2ピリオド終了。

第3ピリオド、序盤、日立がリードを保ち試合は進む。しかし中盤になると、日立のシュートがリングに嫌われ失速。その間にアイシン三河は#14金丸の3Pシュートなどで徐々に点差を詰めると、残り3:03、#6比江島が1on1から得点を挙げ逆転。日立はすかさず#42アキが決め返すが、アイシン三河は#14金丸が連続得点を挙げリードを譲らない。57-53とアイシン三河リードで第3ピリオド終了。

第4ピリオド、日立はアイシンのディフェンスを崩せず苦しい展開となる。対するアイシン三河は、#5アイザックのゴール下や#14金丸の3Pシュートなどで連取、二桁のリードを得る。終盤、日立は#15竹内の得点で追いすがるが、アイシン三河は#32桜木、#6比江島が勝負強さを発揮し、相手を寄せつけない。81-64とアイシン三河が昨年の王者を倒し、準決勝進出した。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>