JBA

JBA



試合日程・結果

女1エンジェル vs 松蔭大学

試合データ

開催場所 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館KA コミッショナー
試合区分 女1 主審 石田 祐二
開催期日 2016年01月01日 副審 小柳 幸子
開始時間/終了時間 16:20 / 17:40

ゲームレポート

エンジェル
47 16 1st 21 85 松蔭大学
7 2nd 31
16 3rd 14
8 4th 19

中国1位のエンジェルと関東1位の松蔭大学の一回戦。前半、拮抗した展開となる。しかし、第2ピリオド、松蔭大は連続12得点をあげると流れにのり安定して加点し大量リードを得る。後半、エンジェルが#8西川、#19河野が起点となって追い上げる。しかし、終盤になるとスコアがとまり、松蔭大が1on1をしかけて得点をあげて、85-47。松蔭大がコンスタントに加点し勝利を手にした。

第1ピリオド、両者一歩も譲らないシーソーゲームとなる。終盤、エンジェルはミスが続き得点が止まる。一方の松蔭大は#4河瀬がゴール下で粘り、#7松永が3Pシュートを沈め、21-16と、松蔭大が僅かにリードし第1ピリオド終了。

第2ピリオド、開始早々、エンジェル#19清木が3Pシュートを沈めるも、その後攻撃が続かない。対する、松蔭大は#7松永、#4河瀬の活躍で一気に流れを掴む。エンジェルも果敢に攻め込むも、得点につながらない。52-23と、松蔭大がリードを大幅に広げて前半終了。

第3ピリオド、エンジェルは#8西川を中心に得点をあげ追い上げていく。対する松蔭大はシュートを放つも決めきれない。互いに攻め続けるも、スコアが動かない状態となる。終盤、再度点の取り合いとなるも、66-39と、松蔭大がリードで第3ピリオド終了。

第4ピリオド、エンジェルは1on1をしかけるも、イージーショットが決まらない。一方の松蔭大は3Pシュートを沈めるも、攻撃のリズムを掴めない。終盤、エンジェルの足がとまり、松蔭大は#7松永の攻めから得点をあげ、85-47で途中流れを掴んだ松蔭大が初戦突破した。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>