JBA

JBA



試合日程・結果

女1秋田銀行 vs 拓殖大学

試合データ

開催場所 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館KB コミッショナー
試合区分 女1 主審 細田 知宏
開催期日 2016年01月01日 副審 坂田 愛
開始時間/終了時間 18:00 / 19:29

ゲームレポート

秋田銀行
78 11 1st 20 64 拓殖大学
24 2nd 10
26 3rd 18
17 4th 16

秋田銀行(社会人1位)vs 拓殖大学(大学7位)

社会人1位の秋田銀行に対し、大学7位の拓殖大学が先行する形でゲームはスタート。第1ピリオド終盤にようやく得点が決まり始めた秋田銀行が、少しずつ点差を詰めていく。リバウンドを取ってチャンスを生かした秋田銀行が35ー30と逆転し、前半を終える。第3ピリオドの拮抗した展開から抜け出した秋田銀行が勢いに乗り、連続得点から二桁点差に広げる。追い上げる拓殖大学を振り払うように得点を返してリードを保った秋田銀行が78ー64で勝利し、2回戦進出を決めた。

第1ピリオド、拓殖大学がディフェンス良くリズムをつかみ、得点を重ねていく。秋田銀行はミスが続き、4点から得点が伸びない。開始7分を過ぎ、拓殖大学#7奥田の連続得点で4-15と拓殖大学は2桁点差とする。秋田銀行は#13伊藤のシュートから得点が動き、#11加藤が3Pシュートを決めて巻き返す。しかし、拓殖大学#15水野が3Pシュートを決め返し、11-20と拓殖大学がリードして第1ピリオド終了。

第2ピリオド、#13伊藤の得点で秋田銀行が先制。ディフェンスの動きが良くなり、リバウンドを取ってチャンスを作る秋田銀行は#11加藤、#5矢上の連続3Pシュートで19ー22とし、3点差に迫る。お互いに激しいディフェンスを繰り広げ、フリースローで得点をつなぐ両チーム。残り3分、ドライブでファウルをもらった秋田銀行#5矢上がフリースローを2本とも決めて、28-27と逆転に成功。勢いに乗る秋田銀行がさらに得点を重ね、35ー30とリードを奪って前半終了。

第3ピリオド、どちらも得点を取り合う一進一退の展開から、中盤に連続得点で秋田銀行が抜け出す。拓殖大学はタイムアウトを取って立て直しにかかるが、秋田銀行の勢いは止まらず。開始5分、秋田銀行#11加藤のシュートで46-36とし、10点差とする。リードしたことでさらに思い切り良いオフェンスを見せる秋田銀行が、61-48と13点差に広げて第3ピリオド終了。

第4ピリオド、拓殖大学は190cmの#18ヤシンが得点を重ねていく。しかし、秋田銀行は3Pシュートで対抗し、簡単に点差を詰めさせない。追い上げる拓殖大学はディフェンスのプレッシャーをさらに強める。その間を縫うようにパスを繋いで、秋田銀行も得点を挙げてリードをキープ。ショットクロック間際に放った#5矢上の3Pシュートを決めた秋田銀行が勝負強さを見せ、78ー64で勝利を収めた。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>