JBA

JBA



試合日程・結果

女2桜花学園高等学校 vs 羽田ヴィッキーズ

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第二体育館Y2 コミッショナー
試合区分 女2 主審 安西 郷史
開催期日 2016年01月02日 副審 窪田 淑子
開始時間/終了時間 14:41 / 16:12

ゲームレポート

桜花学園高等学校
48 11 1st 15 61 羽田ヴィッキーズ
11 2nd 14
11 3rd 18
15 4th 14

高校選手権1位桜花学園高校とWJBL10位羽田ヴィッキーズの2回戦。序盤、両チームとも得点が伸び悩むものの、先にリズムを掴んだのは羽田。#15落合、#31高木のアウト陣の3Pシュートが見事に決まり、リードする。対する桜花学園高も負けじと、高さで勝負のできる#8馬瓜にボールを集め、ゴール下で得点を重ねていく。後半、羽田は#15落合の3Pシュートが当たりだし、桜花学園高を寄せ付けない。桜花学園高は#8馬瓜が4ファウルとなってしまいさらに劣勢に追いやられるものの、#4遠藤がアウトサイドから果敢に攻め、チームを鼓舞していく。終盤、桜花学園高#8粟津が執念でシュートを沈めるも無念のタイムアップ。61-48と羽田が勝利した。

第1ピリオド、両チームともシュートがリングに嫌われ重い立ち上がりとなる。しかし、そこで一歩抜け出たのは羽田。#31高木の3Pシュートで得点を挙げると、徐々に波に乗り出す。一方の桜花学園高は、インサイドの#8馬瓜が徹底的に守られ、苦しい展開となる。しかし中盤以降は、#11粟津がディフェンスを引き付けると、#8馬瓜が得点を重ねる。羽田は、#15落合、#31高木の3Pシュートで得点を重ね、15-11。羽田のリードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、桜花学園高は出だし、#8馬瓜の連続得点で15-15と、試合を振り出しに戻す。しかし、ここで羽田#11森本がすぐさま決め返し、桜花学園高にリードを許さない。桜花学園高はドライブを仕掛けるものの、羽田の強いプレッシャーにに攻めあぐねなかなか得点に結び付けることができない。しかし、#8馬瓜がこのピリオドの全得点となる11得点を挙げ、意地を見せる。終了間際、羽田#15落合がレイアップシュートを沈め、29-22。羽田リードのまま前半終了。

第3ピリオド、初得点を挙げたのは桜花学園高#4遠藤。3Pシュートを沈め、チームは活気を取り戻す。しかし羽田は、#15落合が連続5得点を挙げ追撃を許さない。残り3分、羽田は#15落合のレイアップシュートでこの試合初めての2桁リードを得て、徐々に桜花学園高を離していく。終盤、疲れが見えてきた桜花学園高は、相手の攻撃を止めきれず連続得点を許してしまう。47-33と、羽田がリードを2桁に広げ最終ピリオドへ。

第4ピリオド、桜花学園高は#4遠藤の3Pシュートと#11粟津の得点を中心に相手を追いかけるも、要所でミスを犯し、攻めきれない。対する羽田は、堅い守りで相手に得点を許さない。終盤、羽田は#77柳瀬が連続5得点を挙げ勝負あり。61-48と、終始試合をリードした羽田が3回戦へ駒を進めた。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>