JBA

JBA



試合日程・結果

女2白鷗大学 vs 東京医療保健大学

試合データ

開催場所 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館K コミッショナー
試合区分 女2 主審 中江 洋美
開催期日 2016年01月02日 副審 大山 直輝
開始時間/終了時間 14:41 / 16:05

ゲームレポート

白鷗大学
74 14 1st 12 65 東京医療保健大学
15 2nd 17
21 3rd 20
24 4th 16

大学2位の白鴎大学と大学6位の東京医療保健大学の2回戦。前半、白鴎大は#4馬、#8林の両エースの活躍によりリードを得るも、医療保健大#7エンがゴール下で奮闘し、追い上げる。その後は互いにドライブで切り込み、シーソーゲームとなり、同点で前半を折り返す。後半、医療保健大が好調なスタートを切るも、白鴎大も#8林がコンスタントに加点し応戦する。残り5分で白鴎大が、#8林の3Pシュートで10点差を得るとそのまま相手を寄せつけず74-65と接戦をものにした。

第1ピリオド、医療保健大が#7王の得点で先制するも、白鴎大#4馬がすぐさま決め返す。その後、#8林が連続で3Pシュートを沈め、リードを得る。しかし、中盤、医療保健大は#4エンがゴール下で粘り応戦する。14-12と、白鴎大が僅かにリードし第1ピリオド終了。

第2ピリオド、白鴎大はミスが続き攻めきれない時間があるものの、#14板谷が要所で確実に決める。対する、医療保健大は#3平松がドライブを仕掛け対抗する。終盤まで両者一歩も譲らず、点の取り合いとなり、29-29と同点で前半終了。

第3ピリオド、医療保健大は#74水野、#25津村の活躍で序盤に4点差をつける。その後も医療保健大はアウトサイド陣がドライブで加点するのに対し、白鴎大は#4馬、#8林の得点で喰らいつく。すると残り2秒、白鴎大#8林がスティールから冷静にレイアップを沈め逆転。50-49と白鴎大リードで最終ピリオドへ。

第4ピリオド、開始早々、白鴎大#16金本がバスケットカウントを決めるも、すかさず医療保健大も#83宮坂が決め返し、一進一退の攻防が続く。しかし中盤、白鴎大#8林の3連続3Pシュートでこの試合初の10点差をつけ、リードする。たまらず医療保健大はタイムアウトを要求し、#83宮坂、#74水野で得点するが、相手のシュートを抑えきれず。白鴎大がそのまま逃げ切り、74-65と三回戦に駒を進めた。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>