JBA

JBA



試合日程・結果

女2筑波大学 vs 鶴屋百貨店

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第二体育館Y2 コミッショナー
試合区分 女2 主審 黒岡 和哲
開催期日 2016年01月02日 副審 星野 由貴
開始時間/終了時間 16:21 / 17:41

ゲームレポート

筑波大学
80 26 1st 21 59 鶴屋百貨店
19 2nd 6
16 3rd 15
19 4th 17

大学1位筑波大学と社会人2位鶴屋百貨店の対決。筑波大は、終始好調なオフェンスで相手を寄せ付けない。対する鶴屋は第2ピリオド、相手のディフェンスに阻まれ6得点と苦しむ。後半に入ると、鶴屋は#9落合を軸に巻き返しを図るが、シュートがゴールに嫌われる。対する筑波大は、#4藤岡のアシストや#8谷村のゴール下で順調に得点を重ねる。鶴屋は最後に粘りを見せるも、終始リードしたインカレ女王の筑波大が勝利を掴んだ。

第1ピリオド、筑波大が出だし#13渡邊、#5早坂の連続得点を挙げると、負けじと鶴屋が堅実な守りで相手のミスを誘発し、スティールからの速攻を立て続けに決めリードする。しかし筑波大は、#4藤岡を投入しオフェンスを落ち着かせると#13渡邊が3Pシュートとフリースローで同点とする。終盤、鶴屋は#9落合が果敢に攻め込み3分弱で7得点の活躍を見せるも、筑波大が内外バランス良い攻撃で加点し、26-21と一歩リード。

第2ピリオド、筑波大は堅守からリズムを作ると、#16松本の3Pシュートや#20高辻の得点で点差を10にする。鶴屋は#12米村がスティールから速攻を決めるも、ハーフコートのオフェンスで得点できない。その後、筑波大は果敢にインサイドから攻め込み順調に得点する。最後は、#4藤岡のアシストで#5早坂がゴール下を沈め、45-27。筑波大がリードを伸ばし後半戦へ。

第3ピリオド、開始早々、#9落合の鋭いドライブが決まると#12米村のミドルシュートが続き巻き返しを図る。しかし、筑波大は一歩も譲らず、逆転は許さない。その後、鶴屋は#9落合を軸に攻撃を展開するも、筑波大のインサイドを止めきれない。終盤、筑波大#4藤岡の華麗なアシストを繰り出しさらに加点する。対する鶴屋は#6田中が3Pシュートを沈め、ディフェンスでも奮起するが点差は縮められず、62‐42。筑波大が僅かをリードを広げ最終ピリオドへ。

第4ピリオド、筑波大は序盤に#5早坂のシュートが決まるも、その後は4分間無得点と我慢の時間が続く。対する鶴屋は、#9落合のドライブや#11上野の3Pシュートで応戦するも、その後はゴールに嫌われ追い上げには至らない。中盤、筑波大はタイムアウト後にリズムを取り戻し、#8谷村を中心にコンスタントに得点を挙げる。終盤、鶴屋は#11上野、#12米村の3Pシュートを沈め、終了間際には#9落合のバスケットカウントが決まるも離れた点差は大きく、無念のタイムアップ。80-59で、筑波大が勝利を手にした。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>