JBA

JBA



試合日程・結果

女3デンソー アイリス vs 日立ハイテク クーガーズ

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第二体育館Y2 コミッショナー
試合区分 女3 主審 大谷 英紀
開催期日 2016年01月03日 副審 小坂井 郁子、星野 由貴
開始時間/終了時間 16:01 / 17:29

ゲームレポート

デンソー アイリス
76 18 1st 5 44 日立ハイテク クーガーズ
15 2nd 9
17 3rd 21
26 4th 9

WJBL3位のデンソーアイリスとWJBL11位の日立ハイテククーガーズの三回戦。序盤、デンソーが大量リードを得て幸先の良いスタートを切る。対する、日立ハイテクが相手の攻撃を抑えられず苦しい展開となる。第3ピリオド、日立ハイテクは#3高橋(香)、#13鶴見の得点で互角の戦いをするも、第4ピリオド序盤に立て続けに相手にシュートを決められ点差は縮まらない。デンソーは#8髙田(真)、#13伊集がコンスタントに得点し、終始リード。76-44でベスト8進出を決めた。

第1ピリオド、序盤、デンソーは#8髙田の得点で先制。その後も、#13伊集、#8髙田、#12赤穂らが立て続けに得点し、16-0と一気にリードを奪う。一方の日立ハイテクは残り1分30秒にようやく#18高橋(礼)が初得点。立て続けに#18高橋が3Pシュートを沈めるも18-5と、デンソーが13点リードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、序盤、デンソーは#8髙田が外角を決めるも、中盤からミスが続きスコアが止まる。対する、日立ハイテクは#5外山、#14鈴木の得点で応戦。終盤、#18高橋が3Pシュートを決め、徐々にオフェンスのリズムを掴む。しかし、デンソーは#3園田、#14大庭が決め返し、33-14とリードを広げ、前半終了。

第3ピリオド、デンソーは#13伊集の3Pシュート、#8髙田のゴール下で得点を重ねていく。対する日立ハイテクも#13鶴見が3Pシュートやドライブから得点し、必死に喰らい付く。中盤、デンソーは素早いパスワークから#8髙田らが得点を重ねリードを保つ。しかし、日立ハイテクも意地を見せ、終盤、#3高橋が奮闘。このピリオドだけで12得点の活躍を見せ、50-35と日立ハイテクが僅かに追い上げ第3ピリオド終了。

第4ピリオド、デンソーが#41伊藤の得点を皮切りに連続10得点をあげ相手を引き離す。一方の日立ハイテクは#3高橋、#22二関の得点で対抗するも、後が続かない。デンソーは攻撃の手を緩めず#13伊集が活躍。さらに、#7本多、#14大庭の3Pシュートが決まり、勝負あり。76-44と、デンソーが確実に得点を重ねてベスト8進出を果たした。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>