JBA

JBA



試合日程・結果

女3筑波大学 vs 三菱電機 コアラーズ

試合データ

開催場所 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館K コミッショナー
試合区分 女3 主審 西 憲幸
開催期日 2016年01月03日 副審 大山 直輝、富樫 彰子
開始時間/終了時間 16:00 / 17:30

ゲームレポート

筑波大学
61 18 1st 14 82 三菱電機 コアラーズ
14 2nd 33
12 3rd 19
17 4th 16

大学チャンピオンの筑波大学とWJBL6位の三菱電機コアラーズの3回戦。筑波大が#4藤岡を起点に好スタートを切り先行するスタートとなる。対する三菱電機も出だしシュートが決まらず遅れをとるものの、徐々に調子を取り戻す。すると、第2ピリオドに#8川井を中心に連続得点に成功し、47-32とリードは三菱電機に変わり前半終了。後半、筑波大は#16松本がチームを牽引し加点するも、三菱電機も的確なパスワークで着実に得点に結びつけ、ペースを崩さない。筑波大は最後まで諦めない姿勢を#8谷村を中心に見せるも、中盤に許した失点を取り返せず、82-61。三菱電気が準々決勝へと駒を進めた。

第1ピリオド、筑波大は、エース#4藤岡を筆頭に全員がコンスタントに得点を重ね、序盤にリードを得る。終盤まで勢いは衰えず、#4藤岡、#16松本の1on1で得点を伸ばす。一方の三菱電機は前半、#24王を中心にインサイドにボールを集めるも、得点にはいたらず。しかし後半以降は、巧みなパスワークで相手のディフェンスを翻弄し、チャンスを確実にスコア繋げ、追いかける。18-14と、筑波大がWJBL相手に一進一退の攻防を繰り広げ、第1ピリオド終了。

第2ピリオド、三菱電機は開始早々に早い攻撃から加点し、同点に追いつく。そしてその後も、#8川井、#15西岡が攻めこみ連続得点に絡む活躍をみせ、一気に引き離す。一方の筑波大は、立て続けにパスワークが噛み合わず苦戦する。後半になり、#4藤岡のドライブ、#13渡邊の3Pシュートでなんとか持ちこたえ、32-47。三菱電機がリードを奪い、前半を折り返す。

第3ピリオド、三菱電機は出だし、#12風間の3Pシュートから勢いそのまま、内外バランス良く得点を重ねる。一方の筑波大は、好調の#16松本が加点し耐え忍ぶも、状況は変わらない。66-44と三菱電機のリードは変わらず、最終ピリオドへ。

第4ピリオド、三菱電機は、#4根本が3Pシュートを含む連続得点を挙げ、付け入る隙を与えない。また相手の流れが来そうなところを要所で#2松本がシュートを沈め、終始ペースを崩さない。なんとか追いつきたい筑波大はプレスディフェンスで粘りをみせるが、点差を縮めるまでには至らず。その後も終盤に#8谷村の力強いポストプレイにより奮闘し得点するが、惜しくも試合終了。82-61と三菱電機が勝利し、順当に勝ち進んだ。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>