JBA

JBA



試合日程・結果

女3秋田銀行 vs 富士通 レッドウェーブ

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第二体育館Y2 コミッショナー
試合区分 女3 主審 吉橋 雅一
開催期日 2016年01月03日 副審 茂泉 圭治、小島 慶子
開始時間/終了時間 18:01 / 19:27

ゲームレポート

秋田銀行
43 6 1st 23 102 富士通 レッドウェーブ
14 2nd 26
8 3rd 37
15 4th 16

社会人1位の秋田銀行とWJBL2位の富士通レッドウェーブの対戦。序盤から富士通がディフェンスで秋田銀行を圧倒し、次々に得点を重ねてリードを広げていく。秋田銀行もディフェンスをゾーンに変えるなど反撃のきっかけを見出そうとするが、点差は広がるばかり。控えメンバーを起用しながら100点ゲームを達成した富士通が、43-102でWJBLの力を見せつけ、準々決勝へと進出した。

第1ピリオド、富士通ボールでゲームスタート。両チーム共にマンツーマンディフェンスを敷く中、先制したのは富士通。#0長岡のリバウンドシュートで先制すると、続けて#10町田の3Pシュートが決まり0-5とリード。ここで秋田銀行はディフェンスをゾーンに変えると、富士通の得点をストップさせることに成功し、#13伊藤、#11加藤の得点で、残り6分51秒4-5とする。その後も得点をあげられない富士通はタイムアウトを請求。速いトランジションから#10町田が3Pシュートを決めると、たたみ掛けるように#11篠崎、#15山本らがシュートを決めて一気にリードを広げていく。6-23の富士通リードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、ディフェンスをマンツーマンに戻した秋田銀行に対し、富士通は#0長岡が連続得点でさらにリードを広げる。秋田銀行は#13伊藤がこのピリオドだけで10得点をあげる活躍をみせるが、富士通の勢いを止められず点差は広がるばかり。20-49と富士通リードで試合を折り返す。

第3ピリオド、後半に入っても勢いが衰えない富士通はスティールから#10町田が前線へロングパスを出し、#11篠崎、#15山本らが得点。さらに富士通は控えのメンバーを出しながらゲームを支配し、このピリオドだけで37得点。28-86の富士通大量リードで第4ピリオドへ。

第4ピリオド、秋田銀行は最後までゴールを狙い続けたが、大きく開いた点差を縮めることができないまま、43-102でタイムアップ。富士通が勝利した。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>