JBA

JBA



試合日程・結果

女3トヨタ紡織 サンシャインラビッツ vs 岐阜女子高等学校

試合データ

開催場所 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館K コミッショナー
試合区分 女3 主審 田島 寛治
開催期日 2016年01月03日 副審 岩木 太郎、伊橋 隆浩
開始時間/終了時間 18:01 / 19:26

ゲームレポート

トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
70 16 1st 10 47 岐阜女子高等学校
16 2nd 13
24 3rd 22
14 4th 2

WJBL7位のトヨタ紡織サンシャインラビッツと東海代表の岐阜女子高等学校の3回戦。序盤、トヨタ紡織がフィジカルの強さを活かし、ディフェンスから岐阜女子高のミスを誘い、#33長部を中心に得点を挙げていく。しかし、岐阜女子高も黙ってはおらず、トヨタ紡織の一瞬の隙を突き、内外からリングを攻めたて一時はビハインドを2まで縮める。しかしその後は、トヨタ紡織が攻守ともに岐阜女子高を苦しめ、岐阜女子高の勢いは止まってしまう。最後まで岐阜女子高は#7ディアイが奮闘するも、トヨタ紡織のディフェンスを攻略することが出来ず、試合終了。70-47とトヨタ紡織が勝利を収めた。

第1ピリオド、序盤両チームとも厳しいチェックで簡単に得点を許さない。トヨタ紡織は#33長部の3Pシュートが開始3分で決まると、流れを掴む。対する岐阜女子高は、果敢にレイアップシュートやジャンパーを放つものの、相手のブロックショットなどに阻まれなかなか得点に結び付けられない。しかし終盤、#ディアイがゴール下のシュートをねじ込むと、続けて#6田中がレイアップシュートからバスケットカウントワンスローを獲得し、点差を縮める。16-10とトヨタ紡織リードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、開始早々、トヨタ紡織は#9野町が得点を挙げ幸先の良いスタートを切るが、ところどころでミスを犯してしまう。トヨタ紡織のミスから岐阜女子高が攻撃のチャンスを増やすと、#9藤田、#ディアイの連続6得点でビハインドを2とする。しかし、5分間無得点だったトヨタ紡織は#15山中が3Pシュートを沈めると同時にファウルを誘い、4得点を挙げ、息を吹き返す。さらに残り2分、トヨタ紡織が怒涛の連続6得点を挙げ32-23。トヨタ紡織がリードを広げ前半終了。

第3ピリオド、トヨタ紡織は前半終了時の勢いそのままに、攻守ともに岐阜女子高を苦しめる。アウトサイド陣がリングを攻め立てると、#15山中の得点を皮切りに連続6得点を挙げ、リードを15に広げる。対する岐阜女子高は、後半から#7ディアイが奮闘し、要所で得点を挙げ、8点差まで追いかける。また終盤、相手のチームファウルが5となり、フリースローのチャンスを得るが、あと一歩が詰め寄れない。逆に終了間際、トヨタ紡織は#33長部がブザーとともに3Pシュートを沈め、56-45。トヨタ紡織がリードを2桁に広げ第3ピリオド終了。

第4ピリオド、岐阜女子高は堅実なトヨタ紡織の守りに攻めあぐねタフショットを強いられる。また、ディフェンスリバウンドを取りきれず、徐々に点差が離れてしまう。対するトヨタ紡織は、速いパス回しからディフェンスのずれを作り出し、確実に得点を重ねていく。終盤、岐阜女子高はアーリーオフェンスを展開するも、このピリオドオは#9藤田の僅か2得点と無念のタイムアップ。70-47とトヨタ紡織が、WJBLの底力を見せつけ準々決勝に駒を進めた。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>