JBA

JBA



試合日程・結果

女準々決勝JX-ENEOSサンフラワーズ vs アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス

試合データ

開催場所 国立代々木競技場第二体育館Y2 コミッショナー 吉田 利治
試合区分 女準々決勝 主審 吉橋 雅一
開催期日 2016年01月04日 副審 須黒 祥子、渡邊 諭 
開始時間/終了時間 12:01 / 13:31

ゲームレポート

JX-ENEOSサンフラワーズ
80 24 1st 11 51 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
17 2nd 10
24 3rd 14
15 4th 16

WJBL1位JX-ENEOSサンフラワーズとWJBL8位アイシンAWウィングスの準々決勝。序盤からJXが試合を優位に進め、アイシンAWが追いかける展開となる。JXは#10渡嘉敷、#21間宮のインサイドが攻守に渡って奮闘し、粘るアイシンAWを寄せつけない。しかし、アイシンAWも負けじと#1馬瓜と#4前田が果敢に攻め込み、得点を挙げていく。後半、JXは堅実なディフェンスでアイシンAWの得点を阻むと、その勢いのまま点差を30にまで広げる。終盤、アイシンAWは#1馬瓜が退場し苦しい状況に陥るが、#5瀧井が2本の3Pシュートで意地を見せる。しかし、点差が重くのしかかり、反撃には至らず、試合終了。80-51とJXが準決勝に駒を進めた。

第1ピリオド、序盤からJX#21間宮がゴール下で奮闘し、チームに流れを引き寄せる。対するアイシンAWは、#6田中、#4前田がフリースローを確実に沈めるも、その後のシュートがなかなか入らず苦戦を強いられる。残り5分、JXは#21間宮の得点を皮切りに連続10得点を挙げ、一気に得点を伸ばす。終盤、アイシンAW#4前田などがジャンパーを決めるも、すぐさまJX#11岡本が決め返し、24-11。JXが13点リードで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、序盤、アイシンAWは#1馬瓜が果敢に攻め込み得点に繋げる。対するJXは#21間宮、#10渡嘉敷が長身を活かし、リバウンドから攻撃のチャンスを作り出し、コンスタントに得点を重ねていく。点差を縮めたいアイシンAWだが、残り4分から#4前田のフリースローを最後に得点が止まってしまう。残り20秒、アイシンAW#1馬瓜が速攻を決めるも、すかさずJX#0吉田の鋭いパスから#52宮澤決め、41-21。JXがリードを広げ、前半終了。

第3ピリオド、JXは寄りの速いディフェンスでアイシンAWの得点を簡単には許さない。しかし、アイシンAWは速いパス回しから#9高崎、#4前田が3Pシュートを沈め、なんとか喰らいついていく。JXはリザーブメンバーを起用する余裕を見せ、#23大沼がレイアップシュートを沈め、65-35。JXが大量リードで第3ピリオド終了。

第4ピリオド、序盤から両チームとも取られたら取り返す展開となる。JXは前ピリオド同様、リザーブメンバーを起用するも、勢いは衰えない。対するアイシンAWは、#6田中、#11諏訪が積極的にリングに攻め込み得点を挙げるも、開始3分で#1馬瓜が退場してしまい、窮地に陥る。終盤、アイシンAWは#5瀧井が執念で2本の3Pシュートを沈めるも、開いた点差は大きく、タイムアップ。80-51と、終始試合を優位に運んだJXが勝利した。

試合日程・結果

1月1日(金・祝)

男子1回戦/女子1回戦 詳細へ

1月2日(土)

男子2回戦/女子2回戦 詳細へ

1月3日(日)

男子3回戦/女子3回戦 詳細へ

1月4日(月)

男子準々決勝/女子準々決勝 詳細へ

1月9日(土)

男子準決勝/女子準決勝 詳細へ

1月10日(日)

女子決勝 詳細へ

1月11日(月・祝)

男子決勝 詳細へ

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>